MRの転職最前線・
きっと見つかる理想の職場

MRの転職パーフェクトガイド

MRの転職最前線・きっと見つかる理想の職場
HOME » MRのための転職マニュアル[保存版] » 【番外】女性MRが増えている理由

【番外】女性MRが増えている理由

CSOに所属してコントラクトMRとして働くことが女性にとってメリットとなるポイントを紹介します。

キャリアをムダにしない!女性のためのMR転職

キャリアをムダにしない!女性のためのMR転職MR業務のアウトソーシングとして近年、日本の製薬業界でも注目を集めているCSO。製薬会社としては経営資源の選択と集中をしつつも、最先端分野の開発にはプロジェクト単位で専門性の高い人材を確保できるメリットがあります。

一方、MRとしてもプロジェクト単位で幅広く業務経験を積み上げていくことができますし、経験が浅くても普通の転職よりキャリアチェンジしやすいといったメリットがあるのです。

特に女性にとってはライフイベントとの兼ね合いでキャリアが中断しがちな面がありますが、CSOに所属するコントラクトMRなら比較的柔軟にキャリアプランを立てることもできます。それもあって、女性MRが転職する際に製薬会社への就職ではなく、コントラクトMRを選択するケースも増えてきているのです。

女性のライフイベントにマッチするコントラクトMRのメリット

CSOの社員となりコントラクトMRとして働くことで、女性にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

希望勤務地を選びやすい

コントラクトMRの場合は2~3年ごとにプロジェクト単位で案件を担当するケースがほとんど。その際、勤務地がどこになる案件かをMR側が選択できるので、大手製薬会社のMRよりは転勤に伴う不安要因が少ないと思います。

キャリアチェンジできるチャンスが広がる

女性のコントラクトMRの中には派遣先メーカーで正社員登用されたケースもあれば、CSO企業の中で人事部門に配置換えとなったケースもあります。

コントラクトMRというポジションでは複数の企業で実務経験を積むことができますし、CSOにおいては正社員という立場が確保されるのが一般的。むやみに転職を繰り返すわけではなく、正社員として多様な経験ができるので、キャリアアップ・キャリアチェンジのチャンスも広がるというものです。

比較的無理なく安定した収入を得られる

医薬品業界は比較的安定しているといわれますが、それでも特許切れや訴訟リスクなど製薬メーカーには避けられない不安要因があります。営業職であるMRは、メーカーによってはノルマや営業成績に収入が左右されることもあります。

その点、CSOに雇用され、プロジェクト単位で案件に関わるコントラクトMRなら、本人のスキルで一定水準の安定収入を得ることも難しくはないようです。