MRの転職最前線・
きっと見つかる理想の職場

MRの転職パーフェクトガイド

MRの転職最前線・きっと見つかる理想の職場
HOME » 未経験からのMR転職 » MRに転職するメリット・デメリット

MRに転職するメリット・デメリット

MR未経験者が転職する際に知っておきたいMRのメリット・デメリットについて紹介しています。

MRに転職するメリットとは?

ここでは、MRに転職する上でのメリットについてまとめています。

他業種に比べて収入が高い

MRにおいてやはり注目されるのは、他業界の営業職に比べて年収がかなり高いという事実。年収に加えて、1日3,000円程度の営業日当などが付く場合もあるので、手取りとしてはかなり高いほうになるでしょう。また、福利厚生にも比較的恵まれており、大手メーカーは住宅補助や家族手当なども充実しているようです。

未経験のMR転職者であれば、転職初年度は400~550万円くらいの年収からスタートになりますが、平均して600~800万円程度、役職が付けば1,000万円越えも珍しくはありません。また、経験者が転職する際には、役職が付きやすいとか。業界内で転職を重ねる人が目につくのは、そういった特性もあるようです。もちろんそれだけの業務をこなし、知識を付けていく必要がありますが、そのぶん対価があってやりがいを感じられる職業であると言えるでしょう。

営業職なのに価格交渉を必要としない

営業経験者にとっては嬉しいメリットのように感じられるのが、このポイント。
MRは確かに営業職ですが、相手側に情報を提供したり、情報を収集する業務がメインになります。今までの仕事で培ってきた商品提案力や交渉力、信頼構築力がまさにここで活かされることになります。
代わりに、医薬品についての価格の交渉や集金業務などは、会社にもよりますが、基本的に医薬品卸売の営業担当であるMS(Marketing Specialist)が行います。

詳細は会社によって異なるため、応募を検討する際は事前に調べておくことが大切です。

ハイレベルな専門知識が身に付く資格職

MRの仕事では、自分が担当している医薬品はもちろん、様々な疾病についての知識や、他の医薬品との関係性も知っておくことが重要になります。
医師に担当の医薬品をただ勧めるのではなく、他に治療効果が高いものがあれば比較して、その病院の患者層に合わせた医薬品をセレクト。情報をしっかり提供、提案していく能力も求められます。
様々な製薬会社の医薬品を担当することもあるため、高度な専門知識が身に付きます。

その一方で、専門知識を持った上での営業スキルも試されます。
MRは知識を付ければつけるほど、やりがいを感じて働くことが出来る営業職とも言えます。

業界に将来性・安定性がある

高齢化社会が加速する日本において、医薬品業界は、幸か不幸か成長業界といえるでしょう。より良い医薬品の開発が日々求められ、そのニーズは高まるばかりです。ガンや難病はもちろん、身近な生活習慣病なども解決でき、新薬への期待も大きくなっています。これは、患者側だけでなく、もちろん医療現場からも期待されているものです。
また、ジェネリック医薬品を推奨する流れもあってか、新興企業も増えています。

日本の医薬品市場は世界2位とも言われますが、高齢化が進み続ける以上は、まだまだ成長していく業界でしょう。また、景気に左右されることなく人材が求められる、珍しい業界でもあります。

MRに転職するデメリットとは?

ここでは、MRに転職する上でのデメリットについてまとめています。

自己管理力が問われる

これはデメリットというよりは、個人の資質がかなり問われるところでもあります。
MRは、病院や医師の時間に合わせて行動する必要があるため、スケジュール管理が重要になってきます。デスクでの仕事がメインというわけではなく、1日の流れを自己管理していく必要があります。
どこの病院も診察時間帯は似ているので、必然的に行動する時間も集中してきます。転職したてのMRは時間管理が出来ず、計画の半分も回れずに1日を終了してしまう…なんて話もよくあるとか。いかに効率的に業務をこなすか、自己管理力が問われるところです。

また、自己裁量が大きい分、頑張ることもサボることも自分次第になってきます。自己管理力に自信がないと、つい楽な道を選んでしまいがち。自分にそんな傾向があるのならば、残念ながらMRとしては、不向きなタイプだと思われます。
MRになるなら、自己裁量をチャンスと捉えて、どんどんスキルと収入をアップさせていこうと考える、強い向上心が必要です。

常に新しい知識を身に付ける必要がある

実はどんな仕事においても当たり前であり、大切なことなのですが、日々の忙しさからついつい面倒だと思ってしまいがちな知識の更新や勉強は、MRにとって重要です。
医薬品業界は、常に進化している業界なので、MRが医薬品を扱う上で、知識の更新や勉強はどうしても避けて通ることは出来ません。
しかし、こうして日々開発されていく新しい医療技術などにイチ早く触れられるのは、MR冥利に尽きるとも言えます。また、医薬品を通して、命に関わる社会貢献ができるという、誇りを持てる職業でもあります。

転職経験者の話では、「転職したばかりの頃は、毎日新しい情報だらけで大変だったが、最初に勉強グセを付けてしまえば、それが当たり前になるから苦にはならない」のだとか。自己管理力を活かして、早い段階で、日々の情報チェックや勉強も習慣化してしまえば問題はないようですね。これもMRの仕事としての醍醐味なのかもしれません。