MRの転職最前線・
きっと見つかる理想の職場

MRの転職パーフェクトガイド

MRの転職最前線・きっと見つかる理想の職場
HOME » 未経験からのMR転職 » MRの種類

MRの種類

ここでは、MRに転職をする前にチェックしておきたい、3種類のMRにおける業務の違いや待遇面、専門性などについて詳しく説明しています。

3種類のMRについて

ひとくちにMRといっても、新薬メーカーMR、ジェネリックメーカーMR、コントラクトMRなど3種類のMRが存在します。

新薬メーカーMR

新薬メーカーMRは、勤務先が新薬を開発・製造する製薬会社なので、自社製品を担当するMRです。割合的には人数が一番多いので、MRと聞いてまず思い浮かべるイメージ像が、これかもしれません。

待遇面では、正社員として採用されることがほとんどなので、給与・福利厚生ともに恵まれています。ただし、その分専門性も高いので、ドクターに適切な薬物情報を提供できるような、医薬品に関する幅広い知識が必要となり、MR認定資格の取得が必須と言えます。
人気の職種なので、募集は専門知識のある新卒、またはMR経験者に限った募集がほとんど。未経験者にとっては、かなり厳しい状況になっています。

そのため、最近の転職成功者に多い例としては、後に紹介するコントラクトMRという、CSO企業のMRにまず転職するという人が多いようです。そこで知識と経験を積んだ上で、新薬メーカーMRに挑戦していくというパターンです。
決して回り道ではなく、経験値を挙げるという意味では有効な手段かもしれません。医薬品業界は、知識だけでなく営業経験と実績が試される業界でもあります。
応募の際には、コントラクトMRとの併願を検討してみるのも良いかもしれませんね。

ジェネリックメーカーMR

ジェネリックメーカーMRは、勤務先がジェネリック医薬品を製造・販売する製薬会社なので、自社製品を担当しているMRです。

今ではすっかりおなじみのジェネリック医薬品ですが、その定義は、「新薬メーカーがすでに開発・販売している、特許が切れた医薬品と同じ有効成分を含み、同じような効果・効能を得られる」と認定された医薬品であること。医薬品が同じ成分なのに、違う名前や値段で販売されているのには、こうした仕組みがあります。

ジェネリック医薬品が発売され始めた頃は、患者側の抵抗感もあってか、あまり広がる気配を見せませんでしたが、国の医療費抑制策のひとつとして、ジェネリック医薬品を推奨する流れがあるため、最近では調剤薬局で勧められたり、店頭でも成分や値段を比べて買えるようになってきました。患者側の抵抗感も、大分薄れてきたようです。

ジェネリック医薬品は、情報提供先もドクターではなく調剤薬局がメインとなってくるので、専門知識よりもビジネスとしての営業力が問われてきます。
MR認定資格を必要としない場合もあり、新薬メーカーMRよりは競争率が高い職種ではありません。また、ジェネリック医薬品メーカーそのものが増えてきているため、ある意味、転職者にとっては狙い目とも言えます。

しかし、ジェネリックメーカーMRは、新薬メーカーMRの活動とは異なるので、もしMR認定資格を取得したくても満足のいく教育が受けられないことも。そのため、ジェネリックメーカーでMRの経験を積んでも新薬メーカーMRになることは難しいとされています。

応募の際には、将来も見据えて企業の待遇面や、扱っている医薬品の品質なども調べておくと良いでしょう。

コントラクトMR

コントラクトMRの勤務先は製薬会社ではなく、販売に関する業務の委託をそこから請け負った会社(CSO(通称:Contract Sales Organization))になります。そこに所属するMRを「コントラクトMR」と言います。
コントラクトMRは、CSOと正社員として雇用契約を結びますが、営業職&MRの未経験者や40代後半以降のMR経験者は、契約社員として採用される場合があります。

勤務形態においては、CSOの正社員や契約社員として委託を受けた製薬会社に派遣されて勤務します。コントラクトMRはクライアントである製薬会社の営業所を拠点に2~3年単位で勤務し、製薬会社の名刺を持って正社員のMRと同様の仕事を行っていきます。

待遇は企業によってそれぞれですが、一般的に新薬メーカーMRよりはやや低くなり、ジェネリックメーカーMRに比べれば高めとなります。
もちろん、新薬メーカーの仕事を請け負うことも多いため、医薬品に関する幅広い知識が必要となりますので、MR認定資格の取得は必須であり、充実した教育により高い合格率をだしているので未経験者には安心です。会社によっては、取得教育に力を入れている所もあるようです。一社だけでなく、複数の製薬会社の医薬品に関わることが出来るため、より知識の専門性が高まるとも言われています。

新薬メーカーMRへの転職を検討している人のなかには、まずはコントラクトMRで修業を積んでから転職をするというケースが多いようです。実際、業務の多角化もあってか、新薬メーカーMRに比べれば、かなり募集件数も増えています。MR未経験者にとっては待遇も業務内容も、挑戦しやすい転職先となってきています。