MRの転職最前線・
きっと見つかる理想の職場

MRの転職パーフェクトガイド

MRの転職最前線・きっと見つかる理想の職場
HOME » 未経験からのMR転職

未経験からのMR転職

未経験者がMRへ転職を成功させるには…そのために知っておきたい仕事内容や種類などについて紹介しています。

未経験でもMRへの転職を成功させたい!

憧れのMRに転職したいけど、未経験だし医薬品の知識なんて何もない…なんて人は、実は多いはず。MR(通称:Medical Representative)は、様々な営業職の中でも、専門性の高い仕事内容や、高い年収などに人気が集まる職業です。志望者に対して、募集人数があまり多くないこともあり、求人情報を日々チェックし続けている人も多いようです。

ジェネリック薬品を扱う会社では、必ずしも必要とはされていないようですが、基本的には「MR認定資格」という業界資格を取ることで、MRとしての仕事がスタートします。

MR(訳:医薬情報担当者)は、医療従事者に対し、医薬品の安全性、品質、有効性などに関する、情報提供・収集・伝達などを行っています。ただ商品として、担当する医薬品を売り込むのではなく、その効能や副作用、他の薬との相性などを医師に提供していくのが仕事です。営業力はもちろん、幅広い知識も求められてきます。
未経験であれば、不安に思うことも多いと思いますが、転職を成功させている人はたくさんいます。しっかり調べて、出来る限りの準備をして転職活動に臨みましょう!

MRに転職するメリット・デメリット

どんな職業にもメリット・デメリットはあるものです。それを転職前にきちんと確認しておけば、自分がどうやってその職業に向き合っていけば良いのかが分かります。応募する前に、自分の適性を知る上でも、必ずチェックしていただきたいポイントです。
メリットとしては、自分の扱っている商品の価格交渉をする必要がないことや、収入が高いことなどが挙げられます。一方、デメリットは、常に進化する業界の中で日々新たな知識を身に付けるために、営業時間外でも自主的に勉強し続ける必要があるということです。

MRの種類

一口にMRといっても、大きく分けて3種類あります。

  • 新薬メーカーMR
    製薬会社に所属し、自社で開発された新薬を担当するMRです。一番メジャーなMRといえるでしょう。
  • ジェネリックメーカーMR
    ジェネリック医薬品を製造する会社のMRです。他に比べて、ビジネスの要素が高い分、営業力が問われる業種ともいえます。
  • コントラクトMR
    製薬会社から、その販売業務を委託された会社のMRです。コントラクトMRは、2~3年単位でクライアントである製薬会社に派遣されるので、新薬メーカーにもジェネリックメーカーにも幅広く勤務することができます。

未経験でもMRへの転職を成功させた人たち

収入だけでなく、働き甲斐や専門性の高さが人気のMR。でも、未経験で転職が成功するものなのか、不安になりますよね。転職するなら、営業職経験があると有利になります。また、車で営業するので、普通自動車運転免許は必須のようです。
ここでは、転職を成功させた人の体験談と合わせて、どんなポイントを押さえておけば、未経験でもMRへの転職を成功させることができるのか、まとめています。それぞれの事例とともに、ぜひ参考にしてみてください。