MRの転職最前線・
きっと見つかる理想の職場

MRの転職パーフェクトガイド

MRの転職最前線・きっと見つかる理想の職場
HOME » 【特集】いま注目されるコントラクトMRとは » 雇用形態・勤務先・給与待遇

雇用形態・勤務先・給与待遇

製薬業界で注目されるコントラクトMRを調べました。仕事内容をはじめ、雇用形態や勤務先、年収などをまとめています。今後の業界動向についても。

コントラクトMRとはどんな仕事?

コントラクトMRとは、 CSO企業に所属して製薬会社のMR業務を担当するMRのことを意味し、その仕事内容においては何ら違いはありません。

製薬会社としても、主力品の強化や新製品開発に伴うスタッフ増強といったニーズがあり、近年求人需要が高まっているのです。

コントラクトMRの雇用形態や勤務先・年収は?

コントラクトMRという仕事に就いた場合、どういった採用条件になるのか調べてまとめました。

雇用形態 一般的に、コントラクトMRはCSOの正社員として雇用されます。
MR経験者でも40代後半以上の人や、MR・営業とも未経験の場合は契約社員となるケースもあり、CSO企業によって異なります。勤務先は製薬会社で名刺も製薬会社のものとなるのが一般的です。
年収や待遇 CSOの会社によって給与体系は異なり年俸制もあれば月給制の場合もあります。
製薬メーカーとの違いでいえば、CSOでは住宅補助が出ないケースが多いので、トータルの年収は国内の中堅製薬会社程度と思っておけばよいでしょう。
また、正社員として採用しているCSOもあれば、契約社員として採用となるCSOもあるのが現状です。

[NEXT]大手CSO企業一覧≫

[コラム]コントラクトMRの今後の動向

[コラム]コントラクトMRの今後の動向日本CSO協会によると、コントラクトMRの数はこの5年で2倍の3,500名になっており、数年のうちには5,000名になるとされています。

これは、近年医薬品が高度化してきたことで、コントラクトMRの高いスキルが評価されてきたことや、MRサービスが多様化していることでCSOが着実に成長していることの表れです。

製薬会社としても、ビジネスパートナーとしてのCSOの重要性を認めているので、今後も業界内でのコントラクトMRの需要は高まっていくでしょう。